fc2ブログ
お花見★桜淵公園の桜【新城市】
今年のお花見は、

3月末の週末が満開間近だったと思うのですが、

あいにくの雨模様。

1週間遅れの4月最初の週末、

4/2(日)にお伺いしてきました。

少しでも山の方が開花も遅いだろうと、

新城市の桜淵公園

10年以上ぶりかな?

到着した当初から、

あれ?こんなだっけ?

20230403125458c1c.jpg

橋を渡った先が、お花見のメイン会場かな?と

期待して渡りましたが、

あれれ???

夫もわたしも、あれれ?

記憶違いかな?

以前はもっとたくさんの桜並木に、

屋台もたくさん出て賑わっていたような?

お花見前にランチを食べてきましたが、

「屋台で食べよう!」とお腹空かせて来なくて良かった・・・と、

心底思いました。

ま、ま、とにかく、今年のお花見は、

こちらの桜で楽しみましょう(*´∀`*)

満開は過ぎていて、若干、葉桜気味でしたが、

まだまだ充分に綺麗(*´˘`*)♡

20230403125604b42.jpg

20230403125426d56.jpg

豊川を渡る橋の上から↓

20230403125511772.jpg

20230403125535ed5.jpg

ボートがたくさん♪

ボートに関しては、夫との思い出話があるので、

毎回ボートを見るたびに、話に花が咲きますが、

二度と乗ることはないかな?(笑)

↓桜ではないピンクの花

20230403125520548.jpg

とっで楽しいお花見デートでした(*´˘`*)♡


InstagramPOSTはこちら



↓ポチッと頂けると嬉しいですヽ(*´∇`*)ノ
にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



[2023/04/04 15:06 ] | 日記 | トラックバック(0)
河津桜満開の一週間前★三分咲き【 櫻舘 】さんで珈琲タイム【刈谷市】
河津桜満開の一週間前のお伺いの時のお話です※

そろそろいい季節じゃない?とお伺いしたのは、

櫻舘  さん

カウンター奥の窓越しのお花見✿

2023031607153670f.jpg

青〇・・・終わりを迎えた蝋梅
赤〇・・・3分咲かな?河津桜

20230316071553659.jpg

あら、どっちもちょっと微妙だった?(笑)

河津桜は一週遅いと満開かも!

ちなみにお伺いは、3/5(日)。

3/9(木)のお店のInstagramにて、

満開近くとありました。

11(土)&12(日)が見頃かも(*´艸`)

そしてちょうどその土日は、

菜の花知多ぐるっ旅の記事の真っ最中ですので、

この記事をupするのは、もうちょっと先になるかな。

upの頃には、散っちゃってる?^^;

緑〇・・・鳥かご

櫻舘さんの木には、

鳥さんのために、たくさん鳥かごがあり、

オレンジなどが置かれています。

外を見ていると、

大きめの鳥がちょうどオレンジを啄(ついば)みにやって来た!

20230316071615217.jpg

可愛い~(*´˘`*)♡

メジロより大きい、なんて言ったっけ?

マスターに教えてもらったんだけど、

すっかり忘れてる・・・( ̄▽ ̄;)

(追記)1週間後にお伺いした際に再度聞いてきました。
あの鳥はヒヨドリ!

いただいた珈琲はこちら↓

20230316071629323.jpg

(夫)ロブスタ(インドネシア) 600円
20230316071640c85.jpg

(私)櫻舘オリジナルブレンド 600円
20230316071653108.jpg

美味しい珈琲でのんびりと過ごせました♪

ごちそうさまでした*°♡


InstagramPOSTはこちら



↓ポチッと頂けると嬉しいですヽ(*´∇`*)ノ
にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ
にほんブログ村

[2023/03/20 18:13 ] | 西三河スイーツ・珈琲 | トラックバック(0)
いろはが行く!菜の花知多ぐるっ旅【 花ひろば 】弐拾弐-③

食べネタが続き、

今回のぐるっ旅の一番のお目当て、

菜の花畑にようやく到着したのは、

午後13時半を過ぎてました。

風が吹き荒れる日、

見晴らしのいい知多半島の丘(山?)。

寒かった~!

でもそれ以上に楽しかった(*´˘`*)♡


入場料は、大人ひとり700円

菜の花はひとり10本(だったかな?)、

摘んで持って帰ることもできます。

両手に菜の花の花束を抱えてる女の子、

可愛かったな♪

受付の建物を出て、まず目に入ってくるのが、

↓こちらのスポット

20230307222030718.jpg

ハートの中に「幸せの椅子」

夏には後ろは一面ひまわりが咲き誇って、

さぞ人気の映えスポットなんでしょう。

この季節は整地された畑のみ。

梅?桃?も可愛いピンク色で咲いてました。

20230307222043074.jpg

2023030722205751e.jpg

そしてお目当ての、

菜の花畑~♪

2023030722225901d.jpg

ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♡

一面黄色!

真っ黄色!

綺麗~+゚*。:゚+(人*´∀`)ウットリ+゚:。*゚+.

20230307222312256.jpg

畑ごとに作付けを管理されてるみたいで、

隣の菜の花畑は、もう随分と終わりを迎えていました。

今、満開の畑がこちら(*´˘`*)♡

20230307222337c34.jpg

青い空に黄色い菜の花が映えて綺麗。

菜の花畑の中に、

ショッキングピンクの軽トラが1台。

たぶん、登って、

少し上からの菜の花畑の写真を撮るスポット、

だと思うのですが、

↓夫がポーズを決めてくれましたので、

2023030722232401c.jpg

私は菜の花畑ではなく、夫を撮りました(*´艸`)

いいモデルさんだわ(*´˘`*)♡

そして、お楽しみはもうひとつ。

受付時に、はさみと、

ひとり1枚のナイロン袋を下さいまして・・・

20230307222422809.jpg

食用にはナイロン袋いっぱいに摘んでいいって!

ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♡

実は菜の花摘みは初めてで、

菜の花のお料理も自分で作ったことはないので、

どんな菜の花が最適なのか、

検索してから摘みました(*´∀`)b

ふたりで2枚のナイロン袋(小さめですが)に

いっぱいの菜の花♪

たぶん摘み頃のものを摘めたはず(*´艸`)

お浸し、胡麻和え、ペペロンチーノ?

何を作りましょう?(*´˘`*)♡


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

後日談

とりあえず、お浸しにしろ胡麻和えにしろ、

下茹でからなので、

ナイロン袋1袋分、下茹でしてみました。

・・・

・・・

・・・

茹ですぎた?( ̄▽ ̄;)

水気を絞ると、菜の花のあの可憐なつぼみ部分が、

ぐっちゃぐちゃ( ´△`)アァ-

絞るのも、キツく絞りすぎたのかな?

味は、ほろ苦さの残る、あの美味しい菜の花でしたが、

なんとて見た目が・・・

l||li(っω`-。)il||l


InstagramPOSTはこちら



↓ポチッと頂けると嬉しいですヽ(*´∇`*)ノ
にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ
にほんブログ村

[2023/03/10 16:06 ] | 日記 | トラックバック(0)
寺社巡りと富士の山【いろは旅行記 巻拾七-⑨】
今回の旅は、

夫の半世紀記念!お誕生日おめでとう旅行ですので、

あまりいろいろ廻ったりせず、

ゆ~ったりとした日程で過ごしたかったのです。

とはいえ、せっかく伊豆に来ているのだし(←この考えがもうダメだよね(笑))

夫が行きたい寺社をピックアップ。

まずはこちら、大仁神社の梅林。

2023021707114824c.jpg

満開にはまだまだでしたが、

咲き始めの梅が見られました(*´∀`*)

20230217071246a9f.jpg

2023021707123640f.jpg

202302170712190d7.jpg

紅梅白梅ピンク梅

それぞれに可憐な感じで可愛かった♪

大仁神社の手水は、お魚の口から水が!

20230217071040b34.jpg

この地は、鮎友釣りの発祥の地らしいです。

2023021707113251d.jpg

ちなみに宮司さんがおらず、

御朱印はいただけませんでした。

そして、伊豆といえば・・・

去年2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の舞台でした。

北条氏所縁のお寺に。

願成就院

20230217071259b67.jpg

実は前日、宿にチェックイン前に

寄っていたのですが、

なんと年に一度の行事「星祭り」にあたり、

20230217071021aee.jpg

拝観も出来ず、御朱印もいただけず、でした。

翌日再度参拝に♪

拝観料をお納めして、本堂内に。

運慶作の、阿弥陀如来坐像、不動明王、毘沙門天立像を拝見出来ました。

境内には、北条時政の供養墓があります。

お寺のわんちゃん↓

202302170713129cb.jpg

ロッキー

大きな大きなロッキー。

「ロッキーロッキー」と呼んでも、

ぴくりとも動かず、目も開けず。

( ̄^ ̄゜)クゥ…

続きましては、北條寺

20230217071339360.jpg

北条義時創建のお寺で、

境内には義時夫妻のお墓があります。

高台にあるお墓。

お参りさせていただきました。

このあと、本当はもう一寺、

北条家所縁のお寺を参拝したかったのですが、

この日17:30に浜松着!という予定があり、

この時すでにちょっと急がないとヤバめな時間。

本日の寺社巡りはこれにて終了!

浜松に向け一路。

初日は愛知県から伊豆へ、

そして翌日は伊豆から浜松へ。

ということは・・・?

そう、富士山!

ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♡

初日は曇り空だったので諦めてましたが、

翌日は晴れ予報。

↓青空も広がり雲も疎ら

2023021707134941c.jpg

ん?あれ?

↓ナビ的には、富士山真正面?

2023021707132915d.jpg

あら?

本来↓赤〇あたりに富士山が・・・?

20230217071359598.jpg

手前の愛鷹山が標高高くて、富士山隠れてるのかしら?

そんなわけないよね。

「いろはが来たから恥ずかしくて顔隠したんじゃない?」

「ヤベェ!いろはが来たぞ!隠れろ!  だったら泣くわ」

などお馬鹿な話題で盛り上がり、東名高速へ。

浜松に向け、富士山を背にしたところで、

「あっ富士山!」(←バックミラー越しに発見)

!!!

20230217071411873.jpg

(ΦωΦ)フフフ…

ついに富士山発見!

とうとう拝みました!

富士山の綺麗なお顔を。

「いろはが帰ったぞ!うぇーい!  かな?(>_<)」

「いや、  いろは様お気を付けて  ってお見送りしてくれたんだね、律儀な山だね」

最後までネタを提供してくれた富士山でした。

さぁ、心置きなく、浜松へ!


2023年2月4日



↓ポチッと頂けると嬉しいですヽ(*´∇`*)ノ
にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ
にほんブログ村

[2023/02/20 20:42 ] | 静岡県 | トラックバック(0)
いろはが行く!小浜ぐるっ旅【 メタセコイア並木道 】弐拾-①

当初三日目(27日・日曜日)のメイン紅葉になる予定だったこちら。

滋賀県の有名な紅葉スポット。

高島市のメタセコイア並木道。

激混みらしい、という情報と、

もうひとつ。

実は、夫の愛車にメッセージが出まして、

急遽夕方18時までにディーラーに持っていくという予定が入ったのです。

それを夫が気にしていて、

「リベンジメタセコイアからの、小浜(福井県)で鯖食べない?」

というお誘いが(*´˘`*)♡

ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♡

行く行く~!

混むのを避けるため、

メタセコイア並木道に、7時前に着く計算で、

紅葉旅行同様、早朝の4:30に自宅を出発!

東名高速から米原JCTで北陸道に、

木之本ICで降りて一般道。

わたし、珍しくこの道中、起きてました!
(たぶん・・・)

って書きながら、ちょっと思い出した。

「〇〇(←私の本名)、着いたよ~」

って声掛けられた記憶が・・・

あれ?わたし、寝てたのかな???

2.4kmに渡り続くメタセコイア並木道の、

北側に到着しました。

まだ陽が昇る前6:35。

東側の空↓

20221213072105a68.jpg

西側の空には、お月様↓

20221213072124859.jpg

日の出まであと少し。

この場所から朝陽を浴びるメタセコイアを・・・と思い、

待機してました。

あと少し、あと少し・・・

20221213072203f2c.jpg

キタ━━ヽ(*´∇`*)ノ゙━━!!

20221213072216b14.jpg

って、あれ?

逆光で、枯れ木に見えるわ( ̄▽ ̄;)

北側の端っこにいましたので、

メタセコイア並木道を車でくぐって走りました。

2.4km、約500本のメタセコイア。

南側に進めば進むほど、

葉ぶりの素晴らしいこと!

すっかり紅葉の見頃を過ぎたかと思いきや、

↓こんなに素敵な並木道(*♡∀♡*)

20221213072310986.jpg

こちらが南の端っこです。

とにかく圧巻!

一直線に続く並木道。

向こう側の端っこは、

当然ながら見えません。

20221213072332bd6.jpg

2022121307234471c.jpg

20221213072420282.jpg

お伺いしたのは、2022年12月10日(土)

日の出時刻の7時前後。

月曜日、夫からのLINEで、

こんな記事を見つけた、と。

「10日の朝っていたよね(笑)」

いたいた(笑)

時刻もおなじ。

あの中に、記者さんもいたんだね(*´艸`)



↓ポチッと頂けると嬉しいですヽ(*´∇`*)ノ
にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ
にほんブログ村

[2022/12/16 11:09 ] | 滋賀県 | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>