fc2ブログ
牛に引かれて善光寺参り【いろは旅行記 巻弐拾-④】
十割そば大善さんから、


じわりじわりと、目的地に近付いてます。

そう、善光寺。

202308022148302e0.jpg

牛に引かれて善光寺参り

牛に引かれてはいませんが、

しかも、善光寺参りを目的での善光寺参りですが、

いつか夫と善光寺に行きたいと思っていた夢が叶いました。

(私は2回目の善光寺参りです)

上の写真は、山門ですが、

こちらの山門、中に入ることが出来ます。

本堂、経堂、山門の参拝チケット(ひとり1200円)を購入し、

まずは本堂へ。

202308022148371e2.jpg

外からのお参りももちろん出来ますが、

参拝チケットでお堂内へ。

お戒壇巡りも出来ます。

真っ暗な中、右手を壁沿いに当てたまま、

瑠璃壇・ご本尊の真下をひと周りする、というもの。

私はこういう閉塞的空間が大の苦手なんですが、

夫に先に進んでもらい、

右手を壁に、左手を夫の服を掴んだまま、

進むことが出来ました。

途中、錠前を握ると極楽往生できるという錠前も、

無事握ることが出来ました(*´∀`)b

続きまして、経堂。

20230802214846060.jpg

内部中央には、仏教経典を網羅したものが納められており、

高さ6m、重さ5tの巨大な輪蔵を時計回りに一周押し回すと、

全ての経典を読んだのと同じ功徳を得られるという・・・

他の参拝者の方とともに計6名で輪蔵を廻しました。

よし!これで功徳を積んだ!

そして、山門です。

202308022148302e0.jpg

急な階段を上がって拝観できます。

山門からの眺め(参道側)↓

20230802214853a23.jpg

山門からの眺め(本堂)↓

2023080221485989f.jpg

この山門から内、境内は飲食禁止です。

神聖な境内において、当たり前といえば当たり前なんでしょうが、

広い善光寺境内、

廻るにも時間がかかる。

体温を超えるほどの猛暑の中、

1時間以上、飲まず食わず。

主に【飲まず】が身体に堪えました。

熱中症の一歩手前だったのか、

喉はカラカラに乾き、

息も絶え絶え、呼吸も荒く・・・

本堂を出たあたりからきつかったです。

山門を出てすぐ、自動販売機があったので、

水を購入して一気飲み・・・しかし、

普段常温の水やお茶を飲んでいるからか、

冷たい水は、飲むのもつらい。

なかなかにしんどかったです。


2023年7月28日



↓ポチッと頂けると嬉しいですヽ(*´∇`*)ノ
にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



[2023/08/05 10:00 ] | 長野県 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
https://minibeeal.blog.fc2.com/tb.php/1295-44180614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |