fc2ブログ
九度山の真田家の軌跡【いろは旅行記 巻弐拾弐-⑫】


ようやく九度山の真田のお話です。

かつらぎ町に行くことになった時、

夫が「隣の九度山町に真田幸村の~」

話し出したのですが、

和歌山と真田が繋がらず(興味も湧かず)

へー、と流し気味でした。

お蕎麦をいただいた後、

そのすぐお隣にあります、真田庵へ。

20231111121633cfb.jpg

こちらは、真田昌幸・信繁父子の屋敷跡に建てられたお寺で、

昌幸氏の墓所があります。

関ヶ原の戦いの時、

東軍(徳川側)と西軍(石田三成側)に分かれた真田家。

昌幸と信繁(幸村)父子が西軍に、

昌幸の長男で信繁の兄の信幸氏は東軍に。

どちらが勝利しても、真田家を存続させるため、と

言われています。

結果、東軍の勝利で、

昌幸と信繁には死罪が申し渡されますが、

信幸と、家康の重臣本多忠勝の嘆願により、
※信幸の正室が本多忠勝の娘

高野山への蟄居(ちっきょ)となりました。

高野山の坊が手狭だったとか、

高野山の冬の寒さが厳しかったとか、

様々な憶測がありますが、

紀州藩の許しを得て、

高野山の山麓の九度山に居を構えたそうです。

その11年後、1611年に、昌幸氏がこの地で亡くなりました。

信繁(幸村)氏は、1614年、

九度山を抜け出し、大阪冬の陣に参戦。

14年間もここ九度山で過ごしたことになります。

真田庵から歩いてすぐの所に、

九度山 真田ミュージアム

2023111112165238b.jpg

入館料 おとな一人 500円

館内は、2ヵ所だけ撮影禁止の場所がありますが、

その他は撮影OKだそう。

202311111217080b2.jpg

真田昌幸・信繁・大助。

真田家父子3代で、出迎えてくれます。

真田といえば真田紐。

20231111121730aa4.jpg

↓真田紐の織り機

20231111121745b68.jpg

九度山での生活や、

大坂冬の陣参戦の際、九度山を抜け出す様を、

放映にて紹介されるスクリーンなのですが・・・↓

20231111121805e6b.jpg

赤矢印・・・ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ

20231111121820ffa.jpg

2023111112183616a.jpg

もう本当に、一瞬息を飲みました。

人形です・・・

20231111121852c78.jpg

やめて、怖いから。

↓夫とツーショット

20231111121913193.jpg

意外と小柄。

↓大河ドラマで堺雅人さんが着用した陣羽織

20231111121938609.jpg

↓火縄銃の重さ体験

2023111112200373d.jpg

私ももちろん持ってみましたが、

重~~~い!(>_<)

202311111220242bf.jpg

↑夫のようにかっこよくポーズを決めたつもりでしたが、

どうにもこうにも、へっぴり腰の私が写ってました。

( ̄^ ̄゜)クゥ…

↓夫がお土産で購入した真田紐

202311121050469fa.jpg

市松模様、夫が好きな模様です(*´艸`)


2023年10月29日



↓ポチッと頂けると嬉しいですヽ(*´∇`*)ノ
にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



[2023/11/14 18:00 ] | 和歌山県 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
https://minibeeal.blog.fc2.com/tb.php/1402-97fa2e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |